久家 麻代 様
厳選したヴィンテージ古着とアンティークの販売店。
大人も楽しめる上質な古着を取り扱っているドラセナ吉祥寺店の店長:久家さんにお話を伺いました。

– ドラセナさんはどんなお店ですか?ブランドコンセプトや特徴など聞かせてください。

当店では、ビンテージ古着やバック、アクセサリーなど1点ものの商品をメインに展開しているセレクトショップです。

「旧き良き歴史」を共に楽しむをコンセプトにこだわった厳選ビンテージ商品をアンティーク家具に並べた空間のなかで、2階はメンズ、1階はレディース商品を取り扱っておりますが、アンティークの家具やインテリア雑貨の取り扱いもあるところも特徴ですね。

商品の買い付け先は北米が多く、70年代や80年代のとても雰囲気のある古着を取り扱っていますのでビンテージ好きな方に、きっと気に入っていただけると思います。

Dracaena

日本の市場に合ったサイズ感や流行に合わせ、買い付けを行い
状態の良い古着(中古衣料)をご提供できるよう心がけております。

日本に到着後、すべての商品のクリーニングを行い、再度状態をチェックしたのちに
東京にある2ヵ所の倉庫にて販売をしております。

また、海外にも拠点を持ち、弊社のバイヤーが住みこみで仕入れをしているので
情報交換もスムーズに行え、オーダー等もより確実に、ご要望に合わせご対応が可能です。

– 弊社に広告のプロモーションを依頼して頂いたきっかけをお聞かせください

ビンテージショップの競合が多い吉祥寺というエリアではお店の前を通った時に、お店を見つけ立ち寄っていただくということが多くあります。

ただ立ち寄って商品を見て、気に入ったものを購入していただいたり、 お店の雰囲気を感じてもらったり、また来てみようと思ってもらえたりすることは大切なことでもあり、とても嬉しいことです。

でも、事前にWEB上でどんなお店か、どんなこだわり商品を扱っているのかを知ってもらい、ご来店いただくとより商品を探しやすく、実物を見て納得できたたりもしますし、多くのショップがあるからこそ、自分が求めていたものがここにあったという達成感も感じられます。

お店を知っていただきたい、そして商品を見ていただきたい。 そのためにはWEBを活用するのが良いだろうと考えました。

そこで当店はホームページだけではなく、 もっと認知して頂くために費用をかけて広告を出し、 お店をもっと知ってもらいたいという目的で導入したのがきっかけとなりました。

おかげさまで導入後に系列店がフェイスブックのいいね! を 2000以上いただくことができ、吉祥寺の古着屋さんの中では2番目にいいね! が集まっているお店になれました。

 

– 導入後の効果はいかがでしょうか?

フェイスブックを見た、インターネットで見かけたといったお客様も多くご来店していただき、徐々に顧客が増えている実感があります。

またバリューファーストさんから教えてもらった投稿の方法に切り替えてから、フェイスブックと連携しているインスタグラムに投稿した商品へのお問い合わせが以前に比べてかなり増えましたし、画像を見て現物を見たくてと言って来店して下さる方も多くなりました。

導入する前は費用や効果、デザインなどいろんなことで悩みましたが、WEB広告の結果も確認でき、そしてアフターフォローやアドバイスもいただけて導入して本当に良かったです。

 

– 今後弊社に期待したいところをお聞かせください。

twitterでの広告展開でしょうか。

今はSNSの種類も多くありますが、たくさんのユーザーを持ち、知名度の高いSNSでの広告展開を期待し、他のSNSの潜在的なお客様にも当店を知っていただきたいと考えています。

効果的なSNSがある場合もバリューファーストであれば、その都度に対応して頂けると安心感もあります。

自分たちだけではできない情報発信を納得できるかたちで、みなさんのスマホやパソコンにインターネットを通じて届けていただき、店内やいろんな商品の画像に触れ、ぜひ一度でもご来店くださればと思います。


ドラセナ様、お忙しい中貴重なお時間をありがとうございました。

ご期待に応えれるよう今後も様々な形で集客のサポートに尽力いたします。