今回は先日開催されたマネックス証券様主催のメディア向けPRイベントのレポートです。

タイトルは「松本大と個人トレーダーが語るスマホde米国株投資の魅力」
なぜいまマネックス証券は米国株投資をおすすめするのか、その理由と米国株の魅力を語っていただきました!

登壇者はマネックス証券の松本大(おおき)社長、日本株の有名な個人トレーダーのテスタさん
弊社運営サイトFX研究Labで「本当は教えたくない勝つ為の実践コラム」を執筆中のボリ平さんこと矢澤明美さん

(左)松本大社長 (中)テスタさん (右)ボリ平さん

FX研究Lab「本当は教えたくない勝つ為の実践コラム」

世界経済がどうなっても、米国企業が儲かるようになっている

「税制や経済・金融の面で、世界の覇権国であるアメリカの影響力はかつてよりは弱まっています。それでも米国企業が儲かるようにできている」

と松本社長は力説します。

米国株は1株から買えるので実は割と手軽に買えてしまいます。
あのappleの株も約15,000円で買えるんです!

アメリカは人口が増えている

人口と経済には強い結びつきがあります。
人口増加が予想される→株価が上がりやすいと言われています。

単純にこれだけでも、アメリカ株投資を推奨する理由として納得です。

時価総額上位に新規企業がある

アマゾン、フェイスブック、グーグル…
これらの有名企業は時価総額TOP10に入っていますが、ここ20年以内に設立された新しい会社です。

ところがこれら企業が今後もTOPに君臨し続けるとは限りません。
なぜならアメリカには次々と素晴らしい企業が誕生する土壌があるからです。

追う立場だった企業がいつのまにか追われる立場になる、そのサイクルが経済に好影響をもたらします。