令和4年新卒第2期生入社式 3人がVALUEFIRSTの仲間になりました

令和4年4月1日入社式を行いました

感染防止対策としてゆとりを持ったスペースを貸し切り、人数を絞って行いました。
新卒第二期生として3名の新しい仲間が、全社員の前で自己紹介を兼ねてスピーチを行ってくれました。

 

新型コロナウィルス感染拡大防止により、採用内定後に内定者同士が直接顔を合わせるのは今回が初めてとなります。
学生から新社会人になるため、入社式まで様々な不安があったと思いますが、みなさん元気に入社式へ参加してくださいました。

私たちも、新しい仲間が増える4月1日を会社の歴史を刻む日として楽しみにしていました。

 

社長挨拶・祝辞

弊社代表佐野より歓迎の言葉と「これまで・いま・これから」についてお話がありました。

【これまで】 会社の紹介~事業売上推移など沿革を紹介。
【いま】 3名との出会いから面接・内定まで、3人の印象や内定を出す決め手となったことなど。
【これから】 新入生のモデルとなる21年卒の先輩の成長の記録や活躍したシーンなど。

 

特に1つ上の先輩となる社員がこの1年でどこまでの業務ができるようになり、担当を任されているのか。どんなことが評価されたのかについては、
新入生の方々には想像しやすく、近い目標にもなったことかと思います。

社員も知らなかった内定までの裏側の話もあり、新入生はもちろん、全社員が会社をより知れる機会となりました。

クレド紹介・祝辞

経営戦略室の渡邉より、祝辞とクレド(行動指針)の紹介をおこないました。
2020年より明文化したクレドにはどんな意味があり、クレドをどう大切にしているか、それぞれどんな想いが込められているのかについて紹介しました。

 

クレドはVF社員として業務は違えど、同じ方向を向き、誇りを持って仕事をするという意識に直接関わるものとなっています。

クレドブック・名刺の贈呈

それぞれの直属の上司に当たるマネージャーよりクレドブックと名刺の贈呈をしました。
みんなこれから社会人が始まる緊張がありながらも、希望が溢れる瞳からお互いにワクワクする気持ちが隠せませんでした。

新社会人としての一歩を踏み出したこの瞬間が、この先思い出として記憶に残るシーンになれば嬉しいです。

先輩メンバー自己紹介

後半は各自が自由に動くことなく、自分の席で飲食をしながら、先輩メンバーが一人ずつ壇上に上がり自己紹介コーナーを行いました。

新入生にバリューファーストにはどんな人がいるのかざっくり覚えてもらおうというコーナーとして設け、
それぞれ普段どんな仕事をしているのか、好きなyoutubeチャンネルや音楽などハマっていることも紹介してもらいました。

 

今回、人数の関係で参加できなかった新潟メンバーからは、新入社員のみなさんにお祝いメッセージが動画で届きました。

長年付き合いがあるメンバー同士でも知らなかった発見もあり、和やかでとてもいい雰囲気で進みました。

記念撮影

昨年6月より令和4年4月1日の入社の採用活動を本格的に進めるにあたり、
受け入れる側も新入生の社会人人生の始まりとなる会社になるという覚悟を持ち、様々な準備を重ねてこの日を迎えることができました。

沢山の学生さんにお会いし、本当に優秀な方々がひしめく中、プラスαで当社の社風に合うかどうか、何度も何度も話し合いを重ね、選考活動を行いました。
そうしてこの日を迎えることが出来たこと、本当に嬉しく思います。

これからバリューファーストの一員としていろいろな多くのことへの挑戦、そして経験し、頑張っていってほしいと願います。

 

入社式の様子がわかるダイジェスト動画を作りました▼

img desc

Recruit

採用情報

デジタルマーケティングの最適解を追求

メディア事業を一緒に頑張ってくれる仲間を募集しています。
楽しみながらスキルを身につけたい方大歓迎

Readmore